健康枕の種類や金額相場は?YOKONE2(ヨコネ)のコスパは高いのか検証

健康まくらの金額相場や種類

私は自分の肩こり腰痛の悩みを解決しようとしていたところ、たまたま横向き寝枕「YOKONE(ヨコネ)」に行きついたのですが、 改めて見てみると、世の中にはこういった健康枕というのは多く出ているんですね。

それも、仰向けはもちろん、YOKONEのような横向き寝専用や、 うつぶせ寝用枕、抱き枕、などなど種類も多くあって、これまでそんなに枕を詳しく見たことがなかったので驚きでした。

YOKONEは約1万4000円という値段でしたが、他にどんな枕がどれくらいで売っているのか?また、ヨコネのコスパは高いのか?チェックしてみました。

以下、ちょっと形が独特で面白いなと思ったものを中心に紹介します。

健康まくらの種類と金額相場

まずひとつ目は、西川から出ている健康枕

高さが調節できたりする機能があるようです。横向き寝で使うことも可能とのこと。
これは5400円。口コミも良さげですね。

 

 

次は、横向き専用の抱き枕。

いびき対策とのことなので、やっぱりいびきや無呼吸には横向き寝が
推奨されているんですね。

 

ただ、これ寝返りはできるんですかね…?
寝ているときの寝返りは重要といわれていますが、形状的にはどちらか一方専用で使うような感じなのでそこだけちょっと気になりました。
値段は4800円と安め。

 

次は、かなり独特な形をした枕。

これは、うつぶせ寝専用の枕で、この枕を使うと呼吸がラクにできるのだとか。

 

うつぶせ寝は、寝方や寝具などによっては胸が圧迫されてしまうというデメリットもあるものの、うつぶせ寝が合っている人にとっては気になる枕なんじゃないかと思います。
12800円。

 

次はこの中でいちばん高級な枕。

内部に7つの素材・形状が入った健康枕。
それぞれの首の形に合うようにフィットしてくれる枕です。

17000円とお値段は少し高めです。

 

 

以上、いろいろ見ていると、安いものだと数千円からあるようでしたが、専門家が監修として入ってコンセプトをしっかり決めたような健康枕の場合、1~2万円程度が相場なのかな?と感じました。

他の枕は使っていないので比較はできないのですが、私の場合は「YOKONE(ヨコネ)」で寝るようにしてからわりとすぐに寝起きの腰痛・肩こりはかなり軽減されたので、個人的には全然高い買い物だったとは思っていないです。

よく人生の3分の1は寝ているんだからもっと睡眠の環境を良くしたほうがいいとか言われますが、本当にそうだなと感じました。
良いものを使えば睡眠は本当に変わると実感しました。

今回で健康枕にかなり興味が出てきたので、いろいろ見ていると、他の枕も試してみたくなってきますね。

【期間限定】YOKONE無料お試しキャンペーン!

横向き寝専用枕「YOKONE(ヨコネ)」は、~2018年2月20日までの期間限定で、返品OK・全額返金保証のキャンペーンを実施中。

つまり、実際に使ってみて、自分には合わないと思ったら返品して全額返金してもらうことが可能ということです!
実質無料でお試しOKというキャンペーンですね。

気になっている人はぜひこの機会に試してみては!

▼「YOKONE」公式サイトからお試し注文する
>>特許取得の横向き専用まくら「YOKONE」


関連記事

睡眠の質を上げるための枕の適度な固さは?

安眠のための枕の適度な固さは?頭が沈み込む低反発より高反発?